セミナーや勉強会に参加するのに名刺がない?エンジニア向けの個人名刺とは

最終更新日:

セミナーや勉強会に参加したいけど勇気がない。そんな人には名刺が強い味方です。ではどんな名刺を持っていけばいいのでしょうか?名刺ってそもそもどんな役割があるの?

こんにちは。PROCAです。  

セミナーや勉強会、昨今は多く開催されていますよね。
どれだけ書籍が溢れていても、やはり生の声を聞く方が吸収しやすいですよね。

気になる、あの技術やこの技術。参加してみたいけど、なんとなく気が進まない。

その理由はきっとこんなふうに思っているからではないでしょうか。 

「一人で交流会なんか参加した日にはボッチになって隅っこで飲み物を片手に突っ立っている羽目になるに違いない!」「きっとそうなる!」「それは嫌だ!」

もし、参加する前からそんなふうに思っているのなら解決するのは簡単です。

名刺をもって参加すべし

当たり前のことなんですが、名刺をもっていけばいいのです。 
どんな会合でもそうですが、見知らぬ人同士、どうやって会話をスタートすればいいのか、誰もが悩みます。

名刺があればあなたがどんな人でどんなことに興味があるのかを瞬時に伝えることができます。

話が盛り上がり「またどこかで会いましょう、連絡します!」となったときに連絡をとれる手段もまた名刺に備わっています。

話のきっかけにもなり、フォローにもなる。そんな役割を名刺は持っています。

名刺なら会社の名刺があるな…

会社勤めをされていれば名刺はもちろんお持ちでしょう。でも、多くの場合、会社の名刺にはあなたがどんな人でどんなことに興味があるのかを伝える内容は盛り込まれていません。

それに多くの場合、会社の名刺には顔写真も入ってなければ、TwitterやFacebookで使っているプロフィール写真も入っていないでしょう。

数日後名刺を見ても顔が思い出せない…。せっかく交流会に参加したというのにそれではもったいないですよね。

セミナー、勉強会のおともにPROCA

というわけでセミナー、勉強会のおともにぜひPROCAを連れていってあげてください。

エンジニア、開発者さんにぴったりのカラーテーマも用意しています。「普段使っているエディターのカラーテーマなんですよ」という一言でも盛り上がるかもしれませんね。

プログラマー名刺 | エディターのテーマカラーでミニ名刺をつくりませんか? - PROCA