いよいよすべての名刺にQRコードを入れる時代が来たのかも?

ようやく標準搭載されたQRコードリーダー

みなさんiOSは11にアップデートされましたか?LivePhoto楽しいですよね。長時間露光なんかも簡単にエフェクトをかけることができてびっくりです。そんなiOSですが、今回のバージョン、目玉はなんといってもカメラにQRコードリーダーがようやく搭載されたことではないでしょうか!!

ですよね?ですよね?

リリース前、いつものようにiOSのアップデート情報にQRコードリーダーが搭載!という一文を目にしたときは正直心踊りました。

でも同時に「なんで今頃?」と素朴な疑問も。

我々日本人からするとQRコードはそれこそスマートフォンの前時代から馴染みのあるものですし、技術的にいい意味で「枯れた」と言われるものです。

いくつかググっているとどうやら中国で決済手段にQRコードが使われていて爆発的に普及しているとか・・・。

巨大な中国市場、Appleも顔色を伺うわけですね。

さてさて、そんなQRコード。チラシやポスター、雑誌の広告など目にすることが多いですが、ここはやはり名刺にも入れたいところです。

PROCAでは簡単にQRコードが入れれるのはもちろんのこと、カラーも自由自在(になりました!)

例えばこんな感じに名刺の裏面をカスタマイズすることができます。




カスタマイズこれはNG

QRコードのカスタマイズ、カラーリングが楽しくなったのはいいのですが、気をつけていただきたいことがあります。それはコードの色が薄いと反応しない場合がある点です。

リーダーが読みとりやすいようコントラストにはご注意ください。

余談

でも正直iOS11のカメラでQRコードをかざしたときの感想は微妙でした。反応があまりよくないというか、Appleのやる気皆無というか、とりあえず読めるようにはしてみました、という感じがありありで。

結局、それまで使っていたこちらのアプリを使っていいますし、オススメするなら絶対にこっちのアプリの方ですね。無料ですし、入れときましょう。反応速度が全然違います。

公式QRコードリーダー”Q”デンソーウェーブの無料QRアプリ
公式QRコードリーダー”Q”デンソーウェーブの無料QRアプリ
開発元:arara inc.
無料
posted with アプリーチ

次回

それではQRコードに何を入れるか、何が入れれるのか、次回ご案内したいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。